県高校新記録で2連覇を果たした水泳部の松本君=伊東高

 ■200メートル個人メドレー 「インハイで2分切る」

 県立伊東高水泳部の松本周也君(3年、下田稲生沢中出身)はこのほど、浜松市総合水泳場ToBiOで開かれた「浜名湾高校生選手権水泳競技大会」男子200メートル個人メドレーで県高校新の2分0秒58を記録して連覇した。松本君は「インターハイで2分を切って優勝する」と目標を話した。高校総体水泳競技は9、10日に富士市の富士水泳場で東部予選が開かれる。

 前日までジャパンオープンに出場し、2日連続で自己ベストを更新し、2位に4秒の大差をつけて優勝した。松本君は「緊張したが、調子が良くてベストが出た」と振り返り「苦手な平泳ぎもタイムが上がってきている」と話す。

 日本代表レベルの強化合宿に参加できる「インターナショナル標準記録」が2分0秒07。目標を達成すれば条件を満たす。

 同校は本年度全国出場を決めると10年連続。顧問の戸塚雅晴教諭は松本君の成績のほか、「リレーのインハイ出場、初島・熱海間団体競泳大会優勝も部の目標」と話した。

 【写説】県高校新記録で2連覇を果たした水泳部の松本君=伊東高