競り合ってフィニッシュする三浦ー伊東ヨットレース出場艇=伊東沖

 ■マリンタウンで表彰式、パーティー

 三浦半島の四つのヨットクラブが共同主催する第36回三浦―伊東ヨットレース(伊東市など後援、同市ヨット協会など協力)がこのほど、神奈川県三浦市の小網代沖をスタートして伊東市沖にフィニッシュする約55キロのコースで開催された。

 三浦半島や伊豆半島のマリーナに所属する66艇が出場した。スタート時に弱かった風が少しずつ強まり、波はほとんどないまずまずのコンディションの中、伊東沖を目指した。トップ艇は4時間20分でフィニッシュした。

 フィニッシュ後、各艇は伊東サンライズマリーナに係留。レース参加者は温泉に入るなどして疲れを癒やした。夕方からは伊東マリンタウンで表彰式とパーティーが盛大に開催された。

 【写説】競り合ってフィニッシュする三浦ー伊東ヨットレース出場艇=伊東沖