■県産業振興財団と連携 株式譲渡など専門家が支援

 伊東商工会議所は7月から、県産業振興財団と連携して事業承継に関する相談会を定期的に開催する。中小企業診断士の資格を持つ相談員が同商議所職員と共に、事業承継を進めなくてはならないと分かっていても進んでいない中小企業や小規模事業所の相談に応じ、課題解決を支援する。

 相談会は、静岡商工会議所が同財団と共同で受託した国の「プッシュ型事業承継支援強化事業」として、県内全域で開催される。中小企業診断士や税理士の資格を持つ専門家が、各地の商議所・商工会で個別相談に応じる。

 伊東商議所は、7月から来年3月まで毎月第一木曜日に相談会を開く。1回当たり4事業所の相談に対応する。対象は中小企業や小規模事業所の経営者や後継者。相談会の後は、同商議所が相談員と連携して株式譲渡や社長交代、事業承継計画策定などの取り組みを支援する。

 同商議所は「事業の引き継ぎの必要性は分かっていても、どこから手を付けていいか分からない人は多いと思う。資産の相続や取引先との関係づくりなど、早めに準備したほうがいいことがたくさんある。相談を機に、後継ぎ候補とじっくり話をすることもできるはず」と相談会への参加を呼び掛けている。

 相談は無料。予約制なので、希望者は事前に申し込む。申し込みは同商議所〈電0557(37)2500〉へ。