■状況や制度改正調査 来月中に第1回委員会

 伊東市のホテル跡地購入を巡る収賄容疑で前市長の佃弘巳容疑者(71)が警視庁に逮捕されたことを受け、市議会は28日、佃容疑者の在任期間中の土地取引を検証して再発防止策を検討するための「土地取得に関わる監視機能強化特別委員会」を設置した。同日の6月定例会最終本会議で、全会一致により可決した。

 特別委員会の目的は「土地取得の状況調査と制度改正についての調査研究」。委員定数は9人で、委員長に四宮和彦氏、副委員長に中島弘道氏が就いた。

 四宮氏は「土地取引を巡る行政手続きに、職員も知らないようなブラックボックスがあったのではないか。その点をしっかり検証し、行政の信頼回復につなげたい」と語った。第1回委員会を7月中に開くことを予定している。

 特別委設置に関して会派「伊東新時代。」は27日の議会運営委員会で発議に反対したが、最終本会議では賛成討論を行った上で賛成に回った。

 特別委員会の委員長、副委員長以外の委員は次の通り。

 佐山正、山口嘉昭、稲葉富士憲、鳥居康子、重岡秀子、杉本一彦、横沢勇