迷路作りに励む参加者=音無町の生涯学習センター中央会館

 伊東市立図書館はこのほど、迷路作りをテーマにした文化講座を、音無町の生涯学習センター中央会館で開いた。市内の小学生と保護者約40人が、市社会教育指導員斎藤克子さんの手ほどきで制作し、完成したオリジナルの迷路で遊んだ。

 子どもたちは、ティッシュペーパーの空き箱を土台に、ストローを切って接着剤を付けて貼り、迷路の壁にした。コースは斎藤さんが考案したという。

 1人2種類の迷路を完成させ、それぞれ自作の迷路で遊び、ビー玉を使ってゴールを目指した。ストローの位置を変え、難度を上げる子どももいた。

 斎藤さんは「予定時間を超過するほど夢中になって楽しんでくれた。テレビゲームとは違う、アナログの頭脳ゲームに魅力があるのかも」と話した。

 【写説】迷路作りに励む参加者=伊東市音無町の生涯学習センター中央会館