担任から初めての通信簿を受け取る1年生=大池小

 ■1年生、初めての通信簿に笑顔

 伊東市立の14小中学校は23日、1学期の終業式を行った。子どもたちは1学期を振り返り、楽しい夏休みを迎えた。

 市立大池小(井上雅夫校長、児童438人)は暑さのため、テレビ放送を使い各教室で開いた。井上校長は「1学期は大きな行事があり、みんな一生懸命取り組んでいた。夏休みは自分の目当てをもって生活してほしい」と話した。

 3年の美岡満月さんは「水泳、漢字の勉強、逆上がりを頑張った」、5年の小黒遼汰君は「委員会で人のために頑張ることが大切だと知った。6年生に頼ってもらえるように協力して活動したい」とそれぞれ話した。

 終了後、大掃除をし、1年生は初めての通信簿を笑顔で受け取った。富戸小は24日に開く。

 【写説】担任から初めての通信簿を受け取る1年生=伊東市大池小