意見・提言の取りまとめ作業に取り組む委員=市役所

 ■未来ビジョン会議 グループ別に3案

 伊東市は23日夜、市役所で第4回「未来ビジョン会議」を開き、「図書館・文化ホール建設」について委員の意見・提言を聞いた。委員からは候補地や施設の機能・設備などについて、さまざまな意見が出た。

 委員18人は3グループに分かれ、第2回、第3回会議で「図書館・文化ホール建設」をテーマに議論を重ねた。第4回会議では、最終的な意見調整を行った上で、各グループが意見・提言を発表した。

 Aグループは、伊豆半島から人が集まるような大型複合施設をアピタ交差点南側に建設する案を示した。Bグループは、文化ホールはJR伊東駅裏、図書館はマンダリンホテル跡地を候補地に挙げた。Cグループは図書館をマンダリンホテル跡地、ホールを伊豆高原駅周辺に建設するよう提案した。複合施設にしない理由について「静かな図書館とにぎやかなホールは性質が正反対」と説明した。

 施設の機能・設備について各グループから、音響が良いホール、温水プール、シェアオフィス、トレーニングジム、広い学習スペース、カフェなどが挙がった。温泉(足湯)、漁協直営のレストラン、天城高原名産のクロモジの香りなど、伊東ならではの魅力を付け加える案も出た。

 市はこれらの声を今後の整備計画に反映させていく。各種検討委員会などに、参考資料として提供することも考えているという。

 【写説】意見・提言の取りまとめ作業に取り組む委員=市役所