スタンプラリーの抽選を行う三好専務(右)ら=渚町の東海自動車

 ■33人が完全制覇

 東海自動車(伊東市渚町、早川弘之社長)は27日、「伊豆半島路線バスの旅スタンプラリー」の抽選を行った。応募者840人の中から当選者20人を決めた。

 スタンプラリーは、昨年7月15日から6月30日まで実施した。抽選会では、同社の朝倉亮介取締役バス営業部長と、協賛した美しい伊豆創造センターの三好信行専務が抽選。東海バスオリジナルグッズ詰め合わせと、伊豆産の干物詰め合わせ各10本の当選者を決めた。

 スタンプラリーは、同社の100周年記念事業として一昨年から始まり今回が2回目。完全制覇達成者は33人いたという。

 同社担当者は「前回よりも参加者が増えたので、今後も喜ばれるような企画をして、継続していきたい」と話した。

 【写説】スタンプラリーの抽選を行う三好専務(右)ら=伊東市渚町の東海自動車