■大津顧問 「悔しいが良い結果」

 県立伊東高城ケ崎分校美術部は4、5日に開かれた「第27回全国高校漫画選手権大会(通称・まんが甲子園)」で2位に輝いた。顧問の大津忍教諭は「生徒は最優秀賞を目指していたため、悔しがっていたが、2位は良い結果だった」と話した。

 1次予選では「A・I」が出題され、警察の取り調べを、決勝では「永久機関」が出題され、風車を描いた。

 本戦は33校で争い、決勝には21校が進んだ。同校は6回出場しているうち、優勝3回で2位は初めて。