■12年連続 ナイトフェスなど好調

 伊東市営競輪の2017年度開催収支概算は6億4652万1千円のプラスで、12年連続の単年度黒字だった。一般会計には6千万円を繰り出した。

 13開催での収入は222億9757万9千円、支出は216億5105万8千円。収入のうち、5億3235万6千円は前年度繰越金。

 市競輪事業課によると、7月に開催した「第13回サマーナイトフェスティバル」(G2)が目標の40億円を4億円以上も上回る売り上げを記録したほか、ナイター競輪が引き続き好調だったことも黒字を確保できた要因という。