JAあいら伊豆伊東共選場に運び込まれたイチジク=岡

 JAあいら伊豆の主力農産物、イチジクが8日、今季市場に初出荷された。JAや生産者によると、出荷は昨年より1週間早いが、甘みがのっていて作柄は上々という。初日午後、生産者がパックに詰めたイチジクを、伊東市岡の伊東共選場に次々と運び入れた。

 JAの担当者によると、生産者は伊東市内の8軒。今季は生産者が1軒減ったことから、昨季より1割ほど少ない2万8千パックの出荷を見込んでいる。生産者はS~3Lまでの五つの大きさごとに分けて出荷している。L、2Lの人気が高いという。

 出荷先は伊東、三島、小田原の各青果市場。直営のファーマーズマーケット・いで湯っこ市場にも並ぶ。出荷は11月中旬まで続き、今月中旬から下旬にかけてがピークという。

 【写説】JAあいら伊豆伊東共選場に運び込まれたイチジク=伊東市岡