防波堤を越え海岸に押し寄せる高波=宇佐美(8日正午ごろ)

 ■按針祭関連 灯籠流しなど延期

 強い台風13号は8日、太平洋上を北上し、9日午前から昼ごろにかけ、関東への接近が見込まれている。伊東市には8日午前4時40分すぎ、波浪警報が発表された。市内では同日予定されていた按針祭関連など各種イベントが延期や中止となった。各漁港やマリーナでは船舶の陸揚げやロープでの固定が行われ、接近に備えた。海沿いにある一部の国道が通行止めになった。

 宇佐美海岸でも、防波堤を越える高波が打ち寄せた。按針祭関連では、灯籠流しと打ち上げ花火が延期、ハワイアンの夕べは中止となった。延期の日程は9日朝に公表予定。

 湯川の伊東サンライズマリーナではグループリーダー正木薫さんらが、船揚げ場で船舶の固定具合を念入りに確認。正木さんは「前回の台風で桟橋が大きな被害を受けた。今回は何事もなく通り過ぎてほしい」と祈るように話した。

 【写説】防波堤を越え海岸に押し寄せる高波=伊東市宇佐美(8日正午ごろ)