海賊船をイメージした店内で食事を楽しむ家族連れ=富戸の伊豆ぐらんぱる公園内「海賊レストラン・グランテイ」

 ■個性的メニュー、評判上々

 伊東市富戸の伊豆ぐらんぱる公園内のレストラン「ぐらん亭」がこのほど、海賊船をイメージした「海賊レストラン・グランテイ」へ全面リニューアルした。個性的なメニューを提供し、評判も上々で連日、夏休みを利用して訪れる家族連れなどでにぎわっている。

 約1・5キロの牛肉を焼いたステーキ「海の覇者・トマホーク」(税込み5980円)、青い海をイメージしたカレー「ブルーオーシャンカレー」(同1100円)、演出に花火を使った「爆弾ハンバーグ」(ライス・サラダ付き、同1100円)など、海賊にちなんだユニークな洋風創作料理を提供している。

 店内にはシャンデリア、宝箱、船の帆といった装飾を施し、海賊船内らしい雰囲気を演出した。50テーブル、300席。料理長(コック船長)の敦賀光孝さんは「海賊をコンセプトにこだわった。楽しい非現実の世界を目と舌で楽しんでほしい」とアピールする。

 営業時間は昼の部が午前10時~午後4時、夜の部が午後6時半~9時。8月末まで夜の部はグランイルミを見ながら食事ができる。問い合わせは同公園〈電0557(51)1122〉へ。

 【写説】海賊船をイメージした店内で食事を楽しむ家族連れ=富戸の伊豆ぐらんぱる公園内「海賊レストラン・グランテイ」