「ヤツガタケ・カップ」で好成績を収めた芦原会館静岡県東部支部の生徒たち

 ■富岡君、斎藤君が優勝

 伊東市玖須美元和田の芦原会館静岡県東部支部(上野弘支部長)の生徒が、甲府市の小瀬武道館で開かれた空手大会「ヤツガタケ・カップ」(日本空手道北晋寺西道場主催)で優勝を含む入賞を果たした。同大会は第12回「全日本ジュニア空手道選手権大会」に向けた最後の選抜指定大会で、同支部の3人が出場権を獲得した。すでに権利を持つ生徒と合わせ、同支部からは11人が全日本大会に出場する。

 ヤツガタケ・カップ高校男子60キロ未満で優勝した富岡竜ノ介君(加藤学園高1年)は「本格的な練習を再開したのは7月に入ってから。内容には満足できないが、結果を残せてよかった。やはり空手は楽しい」と笑顔を浮かべた。小学1年男子で優勝した斎藤歩斗君(南小1年)は「得意技の前蹴りで技ありを取れてうれしかった。全日本では、打ち合いで勝負したい」と力強く語った。

 2人以外の入賞者は次の通り。

 小学5年男子35キロ未満ベスト8山本一心(南)▽小学6年男子40キロ未満(3)斎藤新(南)三木侑月(同)▽中学1年男子42キロ未満(3)島垣陸(三島北)▽中学1年男子52キロ未満(2)畑山旺輝(門野)▽小学6年女子40キロ未満(2)富岡葉琉(南)

 【写説】「ヤツガタケ・カップ」で好成績を収めた芦原会館静岡県東部支部の生徒たち