来園者に秋の訪れを告げるパンパスグラス=富戸の伊豆シャボテン動物公園

 伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園で、パンパスグラスが見頃を迎えた。涼しげに白い花穂を風になびかせ、来園者に秋の訪れを告げている。

 パンパスグラスは園内と入り口から駐車場に計約60株が植栽されている。草丈は1~3メートル、羽毛状の花穂は40~80センチ。同園によると、今夏は、厳しい暑さの影響からか、生育が例年より2週間ほど早いという。

 東京都目黒区から友人と来た女性(26)は「初めて見た。涼しげできれい。爽やかな風が吹き、秋を感じる」などと喜んでいた。

 10月まで楽しめそう。

 【写説】来園者に秋の訪れを告げるパンパスグラス=伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園