伊東ブランド第1回認定商品を紹介するパンフレット

 ■第1回認定品対象

 伊東商工会議所は9月11日、伊東市銀座元町の同商議所で2015年10月に認定した伊東ブランド商品の更新審査会を開く。9月末で3年間の認定期間が終了するためで、更新を希望する商品の食味やパッケージデザインなどを審査する。

 更新審査の対象は、伊東ブランド認定事業のスタートした年に認定された31品。ブランド品のレベルを一定以上に保つことを目的に、書類手続きだけでなく再審査を行う。

 商議所担当者によると、31品目のうち9割程度が認定更新を希望している。希望しない理由は「材料不足で製造が追い付かない」「別の商品を認定してもらうため」などという。認定事業では本年度の第3回から、「1事業所1商品」の規定が設けられている。

 同事業ではこれまでに3回、ブランド品の認定を行った。これまでの認定数は63品となっている。

 【写説】伊東ブランド第1回認定商品を紹介するパンフレット