東海大会に出場し、ベスト16に入った菅原君

 ■結果に満足も「来年は優勝」

 伊東市立宇佐美中2年の菅原悠翔(はるか)君=三島相撲クラブ所属=はこのほど、岐阜県大垣市の武道館相撲場で開かれた中体連相撲競技東海大会に出場し、ベスト16に入った。菅原君は「自分の相撲を取る意識で悔いのないよう戦った。結果的には満足」と振り返った。

 菅原君は県4位で東海大会に進出した。身長173センチ、体重130キロの体格を生かし、前に押して突き放し、勝ち進んだ。県大会では立ち合いの遅さにより惜敗したが、東海大会で克服し、自分のペースで臨んだ。

 菅原君は今後の大会に向け「基本的な四股、すり足、てっぽうを練習したい」と話し、「来年は東海で優勝したい」と抱負を語った。

 県大会には67人、東海大会には80人が出場した。

 【写説】東海大会に出場し、ベスト16に入った菅原君