渡辺太智君の作品

 ■絵画、書写に応募1038点

 第23回MOA美術館伊東市児童作品展(実行委員会主催、伊豆新聞本社など後援)の審査会が21日、松原の東豆教育会館で開かれた。児童画の部に488点、書写の部に550点、計1038点の出品があった。絵画の部で富戸小2年の渡辺太智君が、書写の部で池小6年の大村咲葵さんがそれぞれ奨励賞を受賞した。2作品は全国に出品する。

 児童画の部は村田武さん、大石芳子さん、根木利和さんが楽しさや工夫などを評価した。書写の部は向坂正之さん、福田美州さん、松本孝さんが、点・止めといった基本の他、心の良さなどを審査した。審査員は「書くときの気持ちが表れている」「色合い、動きがいい」などと話した。

 奨励賞の他、特別賞11点、金賞6点、銀賞9点、銅賞18点を選んだ。

 【写説】渡辺太智君の作品

 【写説】大村咲葵さんの作品