伊豆を代表する将棋の祭典「第25回伊豆地区将棋大会」(伊豆新聞・熱海新聞・伊豆日日新聞主催、日本将棋連盟伊豆地区支部連合会・同熱海支部主管、同連盟後援)が30日、熱海市の市指定有形文化財「起雲閣」で開かれる。伊豆名人戦に32人、伊豆王将戦に18人、子ども名人戦に18人が出場する。

 名人戦は、トーナメントで伊豆ナンバーワンの座を競う。今回も各地区の実力者が顔をそろえた。優勝者は、女性棋士との記念対局に臨む。伊豆王将戦と子ども名人戦は5対局を行い、勝ち点で競う。

 大会には、伊豆にゆかりの青野照市九段と八代弥六段も出席する。2人の指導対局や、青野九段による名人戦決勝の解説が行われる。「次の一手クイズ」「子ども9マス将棋大会」なども予定している。当日は午前9時に受け付けを開始し、10時に対局をスタートする。

 【図表】第25回伊豆地区将棋大会 名人戦トーナメント表