■本祭に神輿海上渡御

 「神輿(みこし)の海上渡御」で知られる伊東市の湯川・鹿島神社、松原・八幡神社の例大祭は、6、7の両日行われる。6日が宵祭(よみや)、7日が本祭(ほんまつり)。

 鹿島神社は6日、式典、浦安の舞を披露した後、午後1時15分から神輿がお下りする。JR伊東駅前などを練り、御仮屋の湯川消防会館に到着するのは3時50分の予定。7日は午前9時半に神輿が御仮屋を出発し、9時45分ごろから湯川海岸で海上渡御が始まる。

 八幡神社は6日午後1時半から、神輿が神社を出発。猪戸通りなどを練り、3時半ごろに御旅所の松原消防会館に着く予定。キネマ通りからは稚児行列も参加する。7日は午前10時に神輿が御旅所を出発する。松原海岸での海上渡御は午後0時10分ごろから。