釣りざおと釣った魚を持ってゴールを目指す参加者=市民グラウンド

 ■ 魚釣り競走や玉入れ楽しむ

 「第46回伊東市いきいきスポーツ大会」=市、いきいきクラブ伊東(市老人クラブ連合会)主催、市社会福祉協議会後援=が4日、玖須美元和田の市民グラウンドで開かれた。市内33単位老人クラブの会員ら約600人が参加、魚釣り競走や玉入れなど個人、団体で11種目を楽しみ、競った。

 魚釣り競走は釣りざおを拾い、椅子に座ってコースの途中にある魚を釣り上げ、走ってゴールする競技。魚を素早く釣り上げる人もいれば、悪戦苦闘の末にようやく釣り上げる人もいて明暗が分かれ、順位に大きく影響した。

 【写説】釣りざおと釣った魚を持ってゴールを目指す参加者=伊東市民グラウンド