工事と通行止めが始まった県道伊東修善寺線=キネマ通り前・スクランブル交差点付近

 ■来年3月末まで 路線バスは迂回

 県熱海土木事務所は9日、伊東市東松原町の県道伊東修善寺線(大川橋交差点―キネマ通り前・スクランブル交差点区間約140メートル)で大規模な改修工事を開始した。工事が終了する来年3月末までの間、同区間を全面通行止めにする。通行止めに伴い、伊豆東海バスは「新井線」など一部の路線バスの経路を迂回(うかい)して運行する。

 迂回する路線は「新井線」(伊東駅―新井)をはじめ「宇佐美―市役所線」(宇佐美港―伊東駅―市役所)「冷川線」(修善寺駅―伊東駅など)「伊東駅発本町経由各方面行」(伊東駅―本町―城星―荻車庫など)4路線。停留所は「東海館前」を休止し、「松原」に「臨時本町」を設置する。同社は「迂回しても運行時間と運賃に変更はない。ご迷惑を掛けるが、協力いただきたい」と呼び掛けている。

 同事務所によると、工事は大川橋交差点付近の地下約2メートルで県道を横切って流れる普通河川「ゆがわ」の水路を改修する。

 バスの運行に関する問い合わせは伊豆東海バス〈電0557(37)5121〉へ。

 【写説】工事と通行止めが始まった県道伊東修善寺線=伊東市のキネマ通り前・スクランブル交差点付近