店内の中央に並べられた池産の米=玖須美元和田のいで湯っこ市場

 ■池、十足4軒の1300キロ

 伊東市玖須美元和田、JAあいら伊豆直営のファーマーズマーケット・いで湯っこ市場(高田稔店長)に、伊東市産の米が登場した。池の2軒の農家が出荷した「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」で、2キロ入りを千円で販売している。来週からは十足の2軒が出荷する米「みつひかり2005」も並ぶという。

 米は店内中央の特設コーナーに置かれている。高田店長によると、池は寒暖の差があるため、米の甘みがしっかりしている。みつひかり2005は冷めてもおいしく、おむすびなどに適している。池の米は500キロ、十足の米は800キロを販売する予定。

 伊東市内は専業農家が少なく、栽培する作物も少量多品種。同市産の米はこれまで自家消費が中心で、市場にはあまり出回らなかった。「地元の米を地元の人に食べてもらおう」と、昨年から本格的に同市場で販売するようになったという。

 【写説】店内の中央に並べられた池産の米=伊東市玖須美元和田のいで湯っこ市場