大笑いしながら健康体操に取り組む参加者=ナガヤ川奈店

 ■「地域の高齢者、元気に」

 伊東市内でスーパーを経営するナガヤが14日、同市静海町のデイサービスセンター仁の協力を得て、川奈店のイートインコーナーを開放して健康づくり教室を開いた。地域の高齢者らに買い物ついでに気軽に体操などを体験してもらおうと、初めて企画した。30人ほどが参加し、心地よい汗を流した。

 同社の食育講座の講師を同センターのスタッフが務めていたことから、実現した教室。同社販売促進部の小川高義部長は「買い物に来てくれる高齢者の皆さんのために何かできないかと考えていた。相談したところ、デイサービスで行っている体操を教えられ、実際に見学した上で教室開催を決めた」と経緯を説明した。

 教室では、同センタースタッフが椅子に座ったままできる「下肢運動」と手と頭を同時に動かす「若返り体操」を指導した。参加者はかかとの上げ下げや脚上げ、数を数えながら順に指を折る体操、歌に合わせて手を動かす体操などに取り組んだ。参加した女性の一人は「会場がスーパーなので、気楽に参加できる。教えてもらった体操を家でも続けたい」と笑顔で話した。

 同センター生活指導員の石井雅代さんは「地域の高齢者の皆さんに明るく元気に過ごしてほしいというのが、自分たちの願い。ナガヤさんと協力して教室を開くことができて良かった。予想を上回る参加者がいてうれしかった」と話した。

 同社は、健康教室を継続して開催していくことを検討している。次回は11月18日午前10時から、鎌田店で開く。参加は無料。問い合わせはデイサービスセンター仁〈電0557(35)9152〉へ。

 【写説】大笑いしながら健康体操に取り組む参加者=伊東市のナガヤ川奈店