■ブラジル移住など聞く

 伊東国際交流協会(水口進吾会長)は11月9日午後2時~3時半、伊東市桜木町のひぐらし会館第1会議室で「第17回異文化理解講座」(市共催、伊豆新聞本社など後援)を開く。一般来場歓迎、参加無料、先着65人限定。

 鍛金・彫金家の竹川欣秀(よしひで)さんが「ブラジルと日本現代工芸美術−日本人移住110周年記念−」をテーマに語る。

 竹川さんは1958年、東京都生まれ。ブラジル・サンパウロ市に移住しサンパウロ大美術学部を卒業した後、82年に日本に帰国、2006年に伊東市富戸に移住した。日展入選などのほか、伊豆高原アートフェスティバルにも毎年参加していた。

 会場は駐車場の台数に限りがあるため、公共交通機関の利用を呼び掛けている。問い合わせは同協会〈電0557(32)4666〉へ。