お気に入りの芸術体験ブースを探す来場者=大室山登山リフト第2駐車場

 ■初の芸術フェスタ ジオと融合、発信

 伊東市の伊豆高原文化観光施設・ジオパーク融合型クラスター実行委員会(委員長=伊藤康伸・池田20世紀美術館長)は3日、大室山登山リフト第2駐車場で「芸術フェスタ@ジオパークイン大室山」(伊豆新聞本社など後援)を初開催した。伊豆高原を中心に市内の美術館、博物館など20施設が一堂に集まってブースを並べ、それぞれの魅力を紹介した。4日まで。

 文化庁の美術館・歴史博物館クラスター(集積地)助成事業の一環。伊藤委員長は「点在する多彩な施設が、今年世界認定された(伊豆半島)ジオパークと融合することで、伊豆高原の新たな魅力を発信できれば」とあいさつした。

 4日も20施設による体験コーナーや展示物を並べた「屋外美術館パビリオン」をオープンするほか、音楽コンサートが繰り広げられる。このほか、地場産品の販売なども行う。午前10時~午後4時。

 問い合わせは実行委窓口(大室山登山リフト)〈電0557(51)0258〉へ。

 【写説】お気に入りの芸術体験ブースを探す来場者=伊東市の大室山登山リフト第2駐車場