都築署長(右)から賞状を受け取る北川君=城ケ崎分校

 ■「使い方まとめる」

 県立伊東高城ケ崎分校1年の北川武人君(北中出)は本年度の「税に関する高校生の作文」(国税庁主催)で熱海税務署長賞を受賞した。北川君は「自分の作品が認められ、とてもうれしい。来年も書いてみたい」と笑顔で話した。

 北川君は「未来の礎」の題で原稿用紙4枚程度書いた。税金によって変化した周囲の環境を例示し、今後の税金の使い方についてまとめた。

 表彰式では都築満署長が同校を訪れ「素晴らしい作文だった」と話し、賞状を手渡した。

 同校と伊東商業高から144編の応募があった。城ケ崎分校では授業「現代社会」の夏休みの課題として取り組んでいる。

 【写説】都築署長(右)から賞状を受け取る北川君=伊東高城ケ崎分校