高橋教育長(右)に受賞報告する池区青少年会議の代表者=市役所

 ■通学合宿で自立心養う

 伊東市の池区青少年育成会議(代表・稲葉明夫池区長)は13日、市役所を訪れ、高橋雄幸教育長らと面会し、県教育委員会の「子どもをはぐくむ地域活動団体表彰」の受賞を報告した。

 本年度は6団体が受賞、伊豆では同会議と土肥カヌークラブ(伊豆市)の2団体が選ばれた。同会議は2010年から通学合宿(ホタル合宿)を実施。子どもたちの自立心や仲間意識を養い、地域への愛着を深めさせている。消防団や女性組織なども協力した地域ぐるみの活動が評価された。

 稲葉区長は受賞を喜びながら「池では、地域全体が子どもたちと触れ合って健全育成を目指している。これからも続けたい」と話した。高橋教育長は感謝の意を述べ「地域の多くの人と関わることができる子どもたちは幸せ。表彰をうれしく思う」と労をねぎらった。

 【写説】高橋教育長(右)に受賞報告する池区青少年会議の代表者=伊東市役所