■次回から日曜版読者面掲載

 来年8月15日(旧暦)に没後500年を迎える戦国時代初期(室町時代中後期)の武将・北条早雲。早雲が本拠とし、亡くなった韮山城がある伊豆の国市では民間団体による各種記念行事が16日、スタートする。それに合わせ本紙は「早雲 北条五代と伊豆」の連載を開始。静岡古城研究会副会長、NPO法人伊豆学研究会役員、県立御殿場南高副校長の望月保宏さん(55)=三島市=が執筆する。

 第2回(25日)以降は毎週日曜日の「読者面」に掲載する。