サイクルトレインの列車内で、持ち込んだ自転車をひもで固定する参加者=伊豆急伊豆高原駅

 ■伊豆高原―下田駅を運行 伊豆急

 伊豆半島一周サイクリング(愛称・伊豆いち、美しい伊豆創造センターなど主催)で18日、伊豆急行は、伊豆ワンウェイコースを走る参加者のため、自転車を電車にそのまま乗せ移動できる「サイクルトレイン」(6両編成)を、伊豆急伊豆高原駅―下田駅間で運行した。県内外からのサイクリング愛好者約40人が利用した。

 伊豆ワンウェイコースは、まどが浜海遊公園(下田市)と河津桜観光交流館(河津町)を起点に伊豆高原駅に向かう片道コース。走行距離は、下田発は約50キロ、河津が約30キロに設定した。

 埼玉県白岡市に住むサイクリング仲間と参加した会社員の30代女性は「サイクルトレインは初めて。自転車をそのまま運べて便利、ありがたい。河津からのサイクリングをゆっくり楽しみたい」と話した。

 【写説】サイクルトレインの列車内で、持ち込んだ自転車をひもで固定する参加者=伊東市の伊豆急伊豆高原駅