環境対策に努めたとして表彰を受けた朝日ホンダの朝日社長=荻の朝日ホンダ

 ■部品リサイクルなど環境対策評価 「社員一丸で継続」

 伊東市荻の朝日ホンダ(朝日賞造社長)はこのほど、長年にわたって環境対策に努めたとして国土交通省中部運輸局局長表彰を受けた。朝日社長は「受賞を聞いて驚いた。選ばれるのは大変名誉なこと」と喜びを語った。

 部品のリサイクルや産業廃棄物の適正処理、温暖化対策など審査規則28項目を2年以上クリアすることが受賞の基準。同社は5年にわたり、基準超えを続けた。

 同局管内で同社など含む整備・販売部門では142事業者、環境対策では71事業者が受賞した。表彰式は10月30日、名古屋市の同局で行われ、朝日社長が石沢龍彦局長から表彰状を受け取った。

 朝日社長は「今後、二酸化炭素(CO2)を多く排出する企業が中心となって地球規模で環境のことを考えていかなければいけない」とし「これで満足せず、社員一丸となって継続していきたい」と話した。

 【写説】環境対策に努めたとして表彰を受けた朝日ホンダの朝日社長=伊東市荻の朝日ホンダ