マーレの選手に個別指導するオーランデッリさん(右)=玖須美元和田の市民グラウンド

 ■「メンタルの強さ大事」

 伊東市のNPO法人マーレ・スポーツクラブ(北島英俊理事長兼総監督)はこのほど、同市玖須美元和田の市民グラウンドで、英国のサッカークラブ・マンチェスター・ユナイテッドの現役スカウトマン・サンドロ・オーランデッリさんを招いた講演と実技講習会を開いた。マーレに所属する小学5年から中学1年生約50人が、オーランデッリさんから世界基準のプレーや練習方法などを学んだ。

 世界的スカウトマンを招いたサッカー教室は3回目。オーランデッリさんは「昔のスカウトマンは技術的なことを重視していた。しかし今は、メンタルな部分を見ている」と強調した。その上で世界レベルの選手になるためには「コミュニケーション能力」「自分の目標へ全力で取り組む力」「集中力」などが大切であることを説いた。講話後にはグラウンドで実技講習も行い、選手たちの練習風景を見ながらパスなどを指導した。

 北島理事長は「世界レベルの高さを少しでも知るきっかけになれば」と期待した。

 【写説】マーレの選手に個別指導するオーランデッリさん(右)=伊東市玖須美元和田の市民グラウンド