開校20周年記念式典であいさつする上村校長=西小体育館

 県立東部特別支援学校伊東分校(伊東市幸町、上村一成校長)の開校20周年記念式典が1日、市立西小体育館で開かれた。児童・生徒や保護者らが見守る中、これまでの歩みをスクリーンで振り返り、節目を機にしてさらなる飛躍を誓った。

 式辞で上村校長は「20年間にわたり西小や北中をはじめ、地域の人たちと交流を深め『共生・共育』が着実に根付いたことに感謝している。さらに地域から期待、信頼されるよう職員一丸となって努力する」と決意を新たにした。

 同校は1991年4月に開校した。スタート時の児童・生徒数は小学部が15人、中学部2人だったが、現在は小学部27人、中学部17人に増加している。卒業生は112人を数える。

 【写説】開校20周年記念式典であいさつする上村校長=伊東市の西小体育館