パックに詰められた「東京ゴールド」が並ぶ特設コーナー=玖須美元和田のいで湯っこ市場

 ■「見た目、味とも良い」

 JAあいら伊豆がレインボーレッドに代わる主力キウイフルーツと期待する「東京ゴールド」の販売が1日、伊東市玖須美元和田、同JA直営のファーマーズマーケット・いで湯っこ市場で始まった。店内の特設コーナーに並べ、4~6個入りの1パックを390円(税込み)で販売している。

 東京ゴールドは果肉が黄色でほどよい甘さと適度な酸味が特徴、とされる。今期生産しているのは伊東市内の農家3軒で、収穫見込み量約1・5トンは全て同市場に出荷する。

 川口善弘副店長は「東京ゴールドは今しかない。見た目、味とも良いのでぜひ来店を」と呼び掛けている。

 【写説】パックに詰められた「東京ゴールド」が並ぶ特設コーナー=伊東市玖須美元和田のいで湯っこ市場