職場仲間から祝福を受ける杉村選手=音無町の伊豆介護センター

 ■「常にチャレンジ精神」 アジア大会で敗退した広瀬選手に勝利 伊豆介護センター職場仲間が祝福

 リオデジャネイロ・パラリンピックのボッチャ競技銀メダリストの杉村英孝さん(36)=伊東市銀座元町=が、1、2日、福島市の国体記念体育館で開かれた「第20回日本ボッチャ選手権大会」で2連覇を達成した。5日、音無町にある勤務先の伊豆介護センターに出社し、職場仲間から熱烈な祝福を受けた。

 同大会では5度目の優勝で、2連覇は2度目。予選リーグと決勝トーナメントで競った。決勝は「2018アジア・パラ競技大会」の準々決勝で敗れた広瀬隆喜選手に勝利し、優勝を決めた。

 くす玉を割り、社員からの温かい出迎えを向けながら「選手のレベルが上がってきていて簡単な試合は一つもなかった」と大会を振り返り、「勝つためにもっと精度を上げていきたい。受け身の試合ではなく、自分の中でチャレンジする気持ちを忘れず、見ている人にさすがだなと思われるプレーをしたい」と語った。

 【写説】職場仲間から祝福を受ける杉村選手=伊東市音無町の伊豆介護センター