開設記念競輪の第3レースに出走した伊代野選手(1番)と土屋選手(2番)=伊東温泉競輪場

 ■2次予選進出ならず

 伊東市の伊東温泉競輪場で13日に開幕した開設68周年記念競輪に、同市出身で元プロ野球阪神タイガース投手の伊代野貴輝選手(38)=奈良支部所属=が出走した。

 伊代野選手が同競輪場の開設記念競輪に出走するのは初めて。「伊東のファンの前で走るのはやはりうれしい」と気合を入れて競走に臨んだ。

 初日は第3レースの1次予選で5着となり、惜しくも2日目の2次予選進出を逃した。競走後、「悔しい。2日目からまた、立て直していきたい」と汗をぬぐいながら話した。

 伊代野選手は大池小、伊東南中、沼津学園高(現飛龍高)卒。社会人野球を経て2002年、阪神タイガースに入団し、1勝1敗の成績を残した。野球選手引退後の11年に日本競輪学校に入学し、12年にデビューした。

 今回の開設記念競輪には伊代野選手のほか、同じく同市出身の中井達郎選手、河津町出身で同競輪場所属の土屋裕二選手も出走している。

 【写説】開設記念競輪の第3レースに出走した伊代野選手(1番)と土屋選手(2番)=伊東温泉競輪場