3年ぶりの個展に向け、創作に取り組む半左さん=伊東市八幡野

 ■3日からアジサイ舎

 伊東市八幡野の画家・半左実さん(66)は2月3~17日、同所の城ケ崎文化資料館ギャラリー・アジサイ舎で、「お風呂」をテーマにした小作品展を開く。半左さんの個展は3年ぶりという。

 伊豆各地の温泉観光地を中心にイメージし、約50色のパステルで色彩豊かに描いた心象画約30点を展示する。現在、追い込みの創作に取り組んでいる。

 作品「足湯とバッタ」「熱海の湯」では、動物、昆虫、人が温泉に漬かっている様子などを、大衆文化をイメージした芸術であるポップアートで表現している。

 半左さんは「これまでのいろいろな経験から発想した世界観を楽しんでもらえたら」とアピールする。

 開館は午前10時~午後4時(最終日は3時まで)。水曜日は休館。問い合わせは同ギャラリー〈電0557(54)0959〉へ。

 【写説】3年ぶりの個展に向け、創作に取り組む半左さん=伊東市八幡野