「節分」の2月3日に向け、伊東市内の寺社や商店街、幼稚園・保育園などは豆まきの準備を進めている。物見が丘の仏現寺(板垣圭祐貫首)は僧侶や関係者が福升を用意。本堂前では豆まき用の特設舞台(桟敷)の設置作業も行っている。

 寺の名を焼き印で入れた升300個と、約80キロの豆を用意。豆はあめなどの菓子と一緒に小袋に詰めた上で、升に分け入れた。厄よけ開運の札やお守りなども準備している。

 当日の節分会は午後1時から。法要を行った後、年男、年女や来賓が舞台の上から豆や菓子をまく。例年、県内外から多くの参拝者でにぎわう。

 【写説】福升の準備を進める関係者=伊東市物見が丘の仏現寺