提言の内容を小野市長(左)に説明する井戸議長(左から2人目)ら=市役所

 伊東市議会は30日、同市内のホテル跡地取得を巡る収賄容疑で前市長佃弘巳被告が逮捕・起訴されたことを受けて設置した「土地取得に係る監視機能特別委員会」のまとめた提言を、市に提出した。井戸清司議長、長沢正副議長、同委員会の四宮和彦委員長が小野達也市長に手渡した。

 主な提言内容は▽土地取引に関する意思決定過程の協議・交渉記録を作成して保存する▽交渉は複数で行う▽責任の所在の明確化―など。井戸議長は「土地取得における透明性の確保につなげてほしい」と求めた。小野市長は「市が作成する事務処理マニュアルに可能な限り盛り込みたい」との考えを示した。

 市の事務処理マニュアルは不祥事の再発防止を目的に策定されるもので、本年度中にまとめられる見込み。

 【写説】提言の内容を小野市長(左)に説明する井戸議長(左から2人目)ら=伊東市役所