■「素材、無断で使用」

 伊東市のPR動画に自身の作品を無断で使用され著作権を侵害されたとして、同市八幡野のアトリエ・ロッキー空撮事業部代表の伊藤堯さんが7日までに、同市に謝罪と損害賠償などを求め、静岡地裁沼津支部に提訴した。伊藤さんは8日、記者会見を開いて詳細を明らかにする。

 訴状などによると、同市は同社が2017年8月に撮影・編集して完成させた作品「按針祭花火大会」の素材データを無断で使用して「伊東市PR動画」を制作し、ブルーレイディスクに焼き付ける方法で複製、衆目の集まる場所で上映するなどの方法で利用した。

 伊藤さんはこの件とは別に7日までに、航空法違反の疑いで市を伊東署に告発した。告発状などによると、市は17年6月4日と9月1日、防災訓練会場で国土交通省に申請せずに無許可でドローンを飛行させた。