春の日差しを浴びて黄色い花を咲かせるミツマタ=松川湖畔

 伊東市鎌田の松川湖で、ミツマタの花が咲き始めた。日差しを浴びて咲く黄色い花が、訪れた人たちに春本番を感じさせている。

 ミツマタは中国原産の落葉低木。松川湖には、梅広場と周遊道路をつなぐ階段の横に植えられている。市振興公社は、湖の整備に合わせて植栽されたものではないかと推測している。

 同公社によると開花は例年並みで、今月末ごろまでは楽しめそうだという。ウオーキング中の近くに住む夫婦は「咲くのを楽しみに毎日眺めていた。この季節、歩いているといろいろな花を見ることができてうれしい」と話した。

 【写説】春の日差しを浴びて黄色い花を咲かせるミツマタ=伊東市の松川湖畔