県教育委員会が20日、発表した教職員異動では伊東市内の4校長が交代する。異動は小規模で市内外からの配置換えが2人、昇任が2人。

 西小・黒沢章校長、宇佐美小・山下悦男校長、八幡野小・渡辺久士校長が退職する。これに伴い、西小に富戸小・小形丈晴校長、宇佐美小に熱海伊豆山小・中西直美校長が配置換えとなった。八幡野小は伊豆の国長岡南小・木内健一教頭が、富戸小は宇佐美中・鈴木幸枝教頭が昇任する。教頭は5校で昇任、配置換えがあった。

 高橋雄幸教育長は「県教委、市教委の教職員異動方針を受けて実施される。学校教育のさらなる充実・安定を考えた内容。県内全域で管理職に女性が積極的に起用されている」と話した。