フランスの風景を抽象的に表現した作品が並ぶ展示室内=伊東市八幡野のギャラリー・アジサイ舎

 伊東市渚町の洋画家三好尚義さんの油彩展「フランスの風」が八幡野の城ケ崎文化資料館内のギャラリー・アジサイ舎で31日まで、開かれている。フランスの風景を表現した抽象画24点が展示され、来場者を魅了している。

 三好さんは2016年から1年間、フランスに滞在。トゥールーズを拠点に、フランス各地を回った。その間に感じた四季や光と風を油彩で抽象的に表現した。三好さんは「自由に見て自由に感じてほしい。絵はこうでなければいけないという決まりはない」と話した。

 時間は午前10時~午後4時(最終日は午後2時まで)。水曜日休館。問い合わせは同ギャラリー〈電0557(54)0959〉へ。

 【写説】フランスの風景を抽象的に表現した作品が並ぶ展示室内=伊東市八幡野のギャラリー・アジサイ舎