水揚げされたイナダの前でポスターを持って水産祭をアピールする漁協職員=伊東魚市場

 いとう漁協は13日、伊東市新井の伊東魚市場で「水産祭」を開く。同漁協や農水産業者らが、新鮮な地魚をはじめとする海産物や干物、野菜、ご当地グルメなどを販売する。模擬競り市やじゃんけん大会などのお楽しみイベントを行う。開催時間は午前9時~午後1時。

 地魚は川奈、赤沢、富戸の定置網で捕れたものを販売する。午前9時からと11時からの2回を予定しているが、水揚げによって1回になる場合もある。ナマコ、サザエ、地ノリ、おぼろずし、サバタコス、つみれ汁など、水産祭ならではの品も数多く用意される。

 イベントコーナーでは模擬競り市(午前11時半から)とじゃんけん大会(午後0時15分から)のほか、キヨミ・ジャズダンススクールのダンス(午前10時半からと11時15分から)、下田海上保安部のミニ制服試着撮影会(午前9時~午後1時)、伊東署のパトカー展示(同)などが行われる。

 【写説】水揚げされたイナダの前でポスターを持って水産祭をアピールする漁協職員=伊東魚市場