リニューアルした城ケ崎海岸・伊豆高原案内マップ=伊東市

 ■「海の見える遊歩道」前面に

 伊東市はこのほど、伊豆急城ケ崎海岸駅入り口の観光看板をリニューアルした。「城ケ崎海岸・伊豆高原案内マップ」と題し、観光施設の情報に加え、伊東を代表する景勝地・城ケ崎海岸の「海の見える遊歩道」を前面に押し出した。

 新設した看板には、伊豆高原駅~富戸駅の東海岸側の観光施設、名所を分かりやすくイラストを使って紹介している。記載するエリアを城ケ崎海岸エリアに絞ることで、空いたスペースに門脇つり橋や門脇崎灯台を臨む景色の写真を使い、視覚的にもアピールした。遊歩道を点線で結び、途中から観光施設や駐車場、休憩所につながる道も加えた。

 2月に行われた市のタウンミーティングで伊豆城ケ崎海岸活性化委員会(平田小百合会長)から「外国人が観光看板を見て分かりづらく困っている」「地図が広域過ぎて、歩行者向けマップにもかかわらず、城ケ崎海岸駅から歩いて行けない範囲まで記載されている」など、従来の看板に対して意見が出されたのがきっかけ。同委員会は「看板をきっかけに、魅力あふれる遊歩道をもっと利用してほしい。行ったことのない地元の人もぜひ遊歩道から臨む絶景を味わってほしい」と呼び掛けている。

 市では、城ケ崎海岸駅にも同様の看板を設置する。

 【写説】リニューアルした城ケ崎海岸・伊豆高原案内マップ=伊東市