あいさつでリエティ市との交換プログラム実施などについて話す水口会長=市役所

 伊東国際交流協会(水口進吾会長)は本年度の事業計画に、友好都市イタリア・リエティ市との学生の交換プログラムを盛り込んだ。7月4~13日にリエティ市の学生を受け入れ、伊東市からは来年3月ごろに派遣する予定。19日に市役所で開いた本年度総会で承認した。

 伊東市とリエティ市は「たる乗り競走」と「タライ乗り競走」が類似していることから民間交流が始まり、1985年7月に友好都市提携した。昨年7月には伊東市訪問団がリエティ市・太陽の祭り50周年記念の招待を受け、訪れている。派遣に向けて今後、交換プログラムの覚書を交わすという。

 もう一つの友好都市、英国メドウェイ市とは伊東市の高校生派遣が90年から始まり、メドウェイ市からも派遣されている。

 あいさつで水口会長はリエティ市との交換プログラムにも言及しながら「来年の東京五輪・パラリンピックに向け、伊東市を訪れる外国の人々に伊東の魅力をおもてなしをもって強烈に印象付けていこう」と話した。

 総会では本年度収支予算案、2018年度の事業報告などを承認した。

 【写説】あいさつでリエティ市との交換プログラム実施などについて話す水口会長=伊東市役所