■90%以上 中伊豆は9日間も

 県観光協会は19日までに、県内主要観光地の大型連休中(27日~5月6日)の宿泊予約状況を発表した。全体では宿泊予約率90%以上が52%と、前年調査の21%を大幅に上回るなど好調。前半は予約率が高くほぼ満室が多いが、後半の5、6日は低い。伊豆地区は28~4日に予約率が高い地域が目立つ。

 予約率90%以上は、伊豆市中伊豆が9日間、伊東市、西伊豆町、伊豆市土肥、同市天城、伊豆の国市長岡が8日間などと好調だ。

 全体的な傾向として、家族連れが目立ち連泊が増えており、インバウンド(訪日外国人旅行者)や団体客が減少傾向にあるという。

 調査は16日現在。前年の対象期間も同じだった。

 【図表】大型連休中の宿泊予約状況