小野市長にジャイアントフラワーを示しアピールする森委員長(手前右)ら実行委メンバー=市役所

 ■“インスタ映え”狙い大型造花設置

 伊東市宇佐美の留田浜辺公園で26日、地域活性化イベント「UsaMIフェス」(実行委員会主催、市など協賛)が開かれる。森涼子委員長ら実行委メンバー8人が10日、市役所を訪問し、小野達也市長にイベントをアピールしながら協力を呼び掛けた。

 今回8回目となる同フェスでは、飲食、物販、体験など計約40ブースを開設する。“インスタ映え”を狙い、大型の造花「ジャイアントフラワー」約50本を撮影スポットに飾るほか、各種ステージイベントなどを行う。竜をイメージした手こぎの船で競うスポーツ「ドラゴンボート」の乗船体験も催す。

 訪問では、そろいのTシャツに身を包んだメンバーが、ポスターやチラシ、バラをイメージしたジャイアントフラワーなどを持ち込み、小野市長に同フェスをアピールした。

 森委員長は「今年もたくさんの人を呼んで、宇佐美の魅力を伝えたい」と力を込めた。時間は午前11時~午後7時。

 【写説】小野市長にジャイアントフラワーを示しアピールする森委員長(手前右)ら実行委メンバー=伊東市役所