大雨による増水で壊れた松川水上特設舞台=いでゆ橋から撮影

 ■市文化財史蹟保存会 「泣きたくなる…」

 低気圧から延びる寒冷前線が本州付近を通過した21日、伊東市内は朝から激しい雨に見舞われた。伊豆急線は一時運転を見合わせた。道路も至る所で冠水した。市内のほとんどの幼稚園や学校は休園・休校した。伊東大川(松川)の東海館前に設置された水上特設舞台が破損した。

 松川水上特設舞台は大雨による増水で舞台の半分ほどが壊れた。撤去作業は今後、関係者の都合がつき次第行うという。NPO法人市文化財史蹟保存会の堀口武彦理事長は「午前6時ごろに上流からごみが流れ、舞台に引っかかった。ごみが増え、水の影響を大きく受けて壊れた。約1カ月かけた舞台が壊れてしまい、泣きたくなる」と悔しさをにじませた。

 ■幼・小中は休校

 伊東市の市立幼稚園・小中学校と私立聖母幼稚園は21日、静岡地方気象台が発表した大雨警報により安全のため休校の措置を取った。私立野間自由幼稚園は保護者の判断による自由登校、市立保育園は通常保育とした。高校は伊東高城ケ崎分校が休校し、伊東高、伊東商業高は通常通り授業を行った。

 ■上下47本運休 伊豆急 伊東−稲取駅間で代行バス

 伊豆急線は大雨の影響で、午前6時45分から伊東−伊豆高原駅間で運転を見合わせ、伊豆高原−伊豆急下田駅間で折り返し運転を行った。同9時49分には、大雨の範囲が拡大したため全線で運転を見合わせた。伊東−伊豆稲取駅間で代行バスを運行した。

 伊東駅は改札窓口に並ぶ人や代行バスを待つ乗客であふれた。JR伊東線を待っていた男性は「いつもは川奈駅を利用しているが、今日は車で伊東まで来た。伊東線が動いていてよかった」と話した。

 午後3時8分に全線で運転を再開したが、上下合わせて47本が運休し、約6500人に影響を与えた。

 ■市内道路冠水、交通網に乱れ

 短時間に激しい雨が降った影響で、伊東市内の道路はあちこちで冠水した。八幡野の伊豆高原桜並木は、側溝から水があふれ出して川のようになった。国道135号の桜並木入り口付近は深さ30センチほど水がたまり、上り線の通行が一時規制された。ドライバーは指示に従って、迂回(うかい)路に進んだ。

 桜木町の伊東消防署にある雨量計は、21日午前0時から午後3時40分の間に156ミリを記録した。

 ■せせらぎの夕べ 会場変更

 伊東祐親まつりの後夜祭「松川せせらぎの夕べ」の会場、松川水上特設舞台が大雨による増水で壊れたことを受け、同夕べ実行委員会は、中止となるよさこいパフォーマンス清流の響き(24日)を除き、会場を東松原町の伊東温泉観光・文化施設東海館に変更して開催する。午後6時半開場、7時開演(カラオケバトルのみ6時開場、6時半開演)。入館無料。

 今後の開催内容は次の通り。

 【22日】レネ紗矢香&Harmonies Jazzyに歌う洋邦ポップス

 【23日】カラオケバトルin伊東温泉

 【25日】新年号令和祝賀落語寄席・春風亭柳朝

 【26日】貢声会民謡ライブ

 【写説】大雨による増水で壊れた松川水上特設舞台=伊東市のいでゆ橋から撮影

 【写説】指示に従って冠水した道路を迂回するドライバー=伊東市八幡野の国道135号

 【写説】大雨による運転見合わせで改札窓口に並ぶ乗客=JR伊東駅