▲「トマト大好きラタトゥイユガレット」

 河津バガテル公園のフランス式庭園にあるカフェで、この秋限定、国産そば粉を使ったフランス北西部の郷土料理・ガレットが登場したというので、早速訪ねてみました。

 今年の春、河津桜が咲くころに期間限定で提供したガレットが好評で、今回はその第2弾とのこと。定番の「チーズたっぷりコンプレットガレット」のほか、チキンに加え、大豆、ブロッコリー、シメジなどの野菜をトマトと煮込んだ、新作「トマト大好きラタトゥイユガレット」の2種類。

 今回はもちろん新作を注文。店員さんの「ドリンクセットは、コーヒー、紅茶、カフェオレ、オレンジジュース、アップルティーの中から選べますが、アップルティーとの相性がいいのでオススメです」という提案に迷わずうなずき、心地よい風が通るテーブル席に着きながら、店内に置かれた洋書をそれっぽくパラパラとめくっていると、店の奥からいい香りが漂ってきました。

 運ばれてきたガレットは、トマトの赤に染まった野菜や大豆、生タマゴがそば粉の生地に包まれ、味付けされた色鮮やかな生野菜と、ポテトサラダもガレットに磨きをかけているよう。
 生タマゴを崩し、上手に食べられる角度を探して、ナイフを入れてみます。お母さんが作る家庭料理らしさにこだわったというだけあって、温かみのある優しい味わい。オススメのアップルティーも一口。
 最近、よく耳にする“フードペアリング”と呼ばれる組み合わせに納得しながら、あっという間に完食。
 ワンちゃんと同伴の場合や天気がいい日は、緑が気持ち良いテラス席もおすすめです。

 ほかにもカレーピラフやエビピラフ、河津の人気和洋菓子店「港月堂」のチーズどらやき、生ワサビも販売しています。TBS系列の番組「マツコの知らない世界」で紹介された「プレミアム・スパークリング・ローズ(バラサイダー)500円」も人気商品。
 無着色、無香料。深い赤色が特徴の「奥出雲薔薇園」の食用バラ“さ姫”を贅沢に使用し、香りも甘さもすっきりとした喉ごしで、瓶の美しさもあって持ち帰る人も多いそう。

 「秋バラ・フェスタ」がスタートした同園では、色とりどりのバラが咲き始め、愛犬とバラのベストショットを懸命に撮る、ほほ笑ましい家族の姿や、若いカップルの姿も見られました。
 期間中は、ローズガーデナーによるガイドツアー、調香体験、バラスクール(土・日曜日午前11~11時半)を開催。
 ガイドツアーでは、バラの歴史や同園の姉妹園パリ市バガテル公園との関わり、秘話などを語りながら園内を巡ります。調香体験ではスタッフのレクチャーのもと、世界に一つだけの自分の香りを制作できて、10ミリリットル1000円、16ミリリットル1600円。バラスクールでは、バラのエキスパートによる初心者も歓迎の育成教室を開講します。

 11月5日は、同園で初めてとなる「馬に乗って優雅にローズガーデンを散策」イベントの開催を予定しています。
 パリ市のバガテル公園は、かつてナポレオン3世が乗馬のレッスンをした野外馬場だったそう。約15分の騎乗ローズガーデン散策は、入園料込みで1人2500円。完全予約制。
 乗馬はちょっと。。。という方は、入園料別途で「馬にエサやり体験」200円や、「ライドオン体験(1人2分)」200円でインスタ映えする写真撮影など、気軽に楽しんでみてはいかがですか。(野)

◆入園料/大人1000円・小中学生300円(10/1~11/30)
※ペットは、リード又はケージでの入園OK。
◆開園時間/午前9時半~午後4時半
◆休園日/木曜日(秋バラ・フェスタ開催中は無休)
◆静岡県河津町峰1073
◆問い合わせ/0558-34-2200